rag3代目

銀色、遥か体験版 感想

うーん、微妙?
なんかイマイチ買いたくなる要素がない感じ。

中学編、学園編、アフター編という作りのようですが自分の場合、まあダレますね。
すでに体験版の時点でダルかったですし、なかなかの睡眠剤。
かなりテンポが悪いと感じました。
じっくり丁寧に作っていると感じるか、間延びしすぎと感じるかはプレイヤー次第ですから致し方なし。
自分の場合は後者だっただけです。

体験版では冒頭部分をプレイできるので当然厨房編なわけですが、これで厨房編が終わりなのかOPのあとも続くのかどちらなんでしょうか?
あれで厨房編が終わりだと本当に出会いの部分だけですしそれはそれで物足りない気はする(ぉぃ
某ストノよりはましか。
はじまったら一年経過していてヒロイン全員主人公に惚れていた奇跡のゲーム(笑
銀色、遥かは一応ヒロインが主人公に惚れそうな要素を冒頭部分で見せていますから。
ただ主人公がね。
厨房にしては妙に大人びていて落ち着いている。
人間力高すぎるのでなんかプレイしていて違和感が凄い(^^;
年齢を偽っているんじゃないのかと疑うレベル。
ヒロインの言動も主人公ほどではないにせよ厨房らしさはないかと。

ヒロインのタイプはまあ見事にバラけているかな。
個別ルートに入るとまったくお互いに絡みそうにない。
学園モノの醍醐味の一つはヒロイン同士あるいはサブキャラも巻き込んだ友情パワーだと思っている人ですが、そういう方向は望み薄ですかね。
ライターも複数ですし、ヒロインごとに完全分業でしょう。
サブキャラに男友達も居ないしなあ。

なんか致命的にダメなところはないにせよ、一方で買いたくなる要素もなく、結果感想も書きづらい。
スルーですね。

スポンサーサイト

PageTop

たわいないはなし63

もう月末ですか。
時が経つのが早すぎるorz

・5月購入物
なんか全然体験版を消化できなかったのでスルーしようかとも思ったのですが、
リリムダークネスのDearestBlueを購入。
金目鯛ぴんくの絵は好きですし、体験版やった感じなかなかエロかったのとあとはサンプルCGにジョンソンがあったから。
最近本当にジョンソンがなくて困ります。
ジョンソンスキーにとっては本当に貴重でありがたい。
そういう点では来月のGuiltyの新作も気になっています。
ただアクチつきなので売却できないのが痛い。
なのでまだ考え中。
DearestBlueは選択肢が面倒そうなので攻略待ちかな(えー

・6月体験版
こちらも全然進んでいませんね。
ラムネーションはあまりにアレなので早々に投げました。
これはないなあ(^^;
すでに月別のおもちゃになっているし。

続いて銀色、遥かの体験版をやってますけどもう投げ出しそう。
長すぎるよ、まだまだ中学編の5月とかです。
丁寧に作っていると捉えるか、冗長で間延びしていると捉えるかで印象が違うのでしょうが私は後者なので。
あとラムネーションの次にやっているから余計にそう思うのかもしれませんが、主人公の人間力が高すぎる。
これで厨房かよと。
ほかのキャラも妙に大人びていたり落ち着いているなあという印象で正直違和感しかない。
一応もう少しやってみるつもりですけど、多分購入はないかと。

で、先に挙げたGuiltyの新作も体験版開始。
前作でも思いましたがHシーンまで長すぎませんかね(^^;
いやまったくストーリーがないのもどうかと思いますがシナリオゲーじゃないんだしもう少しコンパクトにまとまらないものかと。
スキップして一気に実用性を測りに行くべきか悩み中。

・NBA
NBAのプレーオフも佳境には入り、まあ忙しいわけです。
まさかOKCがここまでやるなんて誰も思ってなかった。
つーかアダムズとキャンターのツインタワー効きすぎだろう。さらにかつてのブロック王イバカもいるし。
GSのスモールラインアップに付き合う必要なんてないというのを証明してくれた。
ちょっとGSがランアンドガンで成功したからといって、リーグ全体がそっちに流れるのがそもそもおかしい。
インディアナだって途中からターナー4番においてジョージを元の3番に戻して成功したし。
バスケットはインサイド、ゴール下でのぶつかり合いが醍醐味。
GSの3P集団は確かに素晴らしいけど、もう飽きた。
OKCには全力でぶっ潰してもらいたい。

PageTop

千の刃濤、桃花染の皇姫体験版 感想

オーガストの新作、タイトル長いので略称はよ。
自分が知らないだけで何かあるのかしら?

体験版やった限りでは買いですね。
面白かったですわ。
ものすごく演出に凝っていて、見ていて楽しい。

この体験版の部分は完全に朱璃のターン。
朱璃の成長物語ですね。もちろんまだ成長の途中ですが、大分成長したと思う。
最初は逆臣小此木をぶっ殺して私も死ぬとかいっていたときはもう勝手にどうぞ状態でしたが、
主人公たちと触れ合っているうちに変化が見られたのはよいこと。
はじめは大御神から皇国を預かった皇家の人間としての考え方。
それが宗仁と触れ合ううちに臣下を導く主としての考え方に変わった。
さらにこの良い流れの中で、このまま順調に一家臣に留まらず全ての皇国民を導く皇帝の器に育って欲しいところではあるけど、シナリオ展開的にはどうなることやら。

設定に関してはあまりツッコミは入れない方向で。
個人的にはシナリオゲーというよりは雰囲気ゲーという認識です。
エンタメ性があって最後まで飽きずに読ませてくれるテキストだったらいいかなっと。
あまり多くは求めません。
ユースティアのラストとか考えちゃうとね。
今作も冷静に考えれば設定ガバガバでしょうし。
その最もいい例が呪術の理論上は何でもあり設定かなあ。
まあそのおかげで古杜音様の活躍の場がたくさんありそうなので楽しみではある。
彼女が一番お気に入りです。
「力がないなら、根性で補うしかないじゃないか」
一見そう見えないのに実はこういった考えな体育会系ヒロイン好きです。
9月が楽しみ。

PageTop

ISLAND 真夏編終了でコンプ

最後の最後までミスリードに騙されまくった私(^^;
タイムマシン、タイムトラベル系の話は本当によく練られていて、多くの伏線を回収したストーリー展開は見事でしたが……

うーん、評価としてはどうすべきか悩む。
これら圧巻のストーリー展開や伏線の回収が面白さにつながっているかと言われると必ずしもそうではないというか。
題材が時間でありタイムトラベルですから仕方ないですが、要するに複雑で難解すぎるわけですよ。

単純で明瞭なわかりやすいエンディングではなく、結局はまだ二人の夢は成し遂げられていないまま。
夢半ば、長い永い旅の途中。
プレイヤーに想像で補完してくださいという作品なのだということを理解はしても、やっぱりモヤモヤしますわ、この終わり方。
まだラストの冷凍睡眠装置に刻まれたものが一つだけなら納得したかも。
でもアレだけ無数にあるというのはやはりもう無限に抜けられないという絶望感的な捉え方もできてしまうのでやっぱりすっきりしない。
あれは蛇足だったんじゃないのかなあ。
読み手に物語のラストを想像で補完させるにしてももう少し希望を持てるような作りにして欲しかったかなと。

個人的には今年のトップクラスの出来だとは思うけど、あまり記憶に残らない作品になりそう。
とりあえずアニメは見る予定。

PageTop

ISLAND 冬編終了

冬編があまりにつまらなくてペースガタ落ちorz
コールドスリープで未来に行ったはずなのに目覚めたのは2016年?
とか思ったけどそういうことですか。
たどり着いた未来がタイムマシンどころじゃない状況だったりするんですけど、問題はそこじゃない。

ま た 主 人 公 が 記 憶 喪 失 か ! ! !

記憶喪失ネタはもういいだろ?
テンポ悪いわー。
切那がしなければいけないこと使命を忘れているから、読み手側としてはじれったい。
行動指針行動規範のないまま、何も分からないまま状況に流されるというのはもう夏編でお腹いっぱい。
なんでまた冬編でも繰り返すのかなあ。
今度こそは能動的に意志を持って全力で動いて欲しかったのだけど。

あとはやっぱり一般ゲーだからなのかな。
エロなしというだけでなく全体的に表現がマイルド。
未来はかなり絶望的な状況で、政治的にも環境的にも倫理観的にも結構エグい、グロいはずなんだけどかなりさらっとした説明だけで流されてしまっていてかなり物足りない。

本当に肩透かし。
元々は凜音を救うためにタイムマシンを求めての未来編だったと思うんだけど、タイムマシン以外の話がほとんどだったし。
今のところ自分の評価がダダ下がり中なのですが、これ最後の真夏編で盛り返せるのかな。
あやしい。

PageTop

ナツイロココロログ体験版 感想

結論から言うと、つまらなかったです。
まあそもそもゲーム部とかいう設定が理解できないクチなので。

アイデアとしては面白いのかもしれませんけどねえ。
ヒロインとそのアバター、現実世界と仮想世界、両方で仲を深めていくのはいいとして……
ヒロインとアバターの性格が違うのを面白い、ギャップ萌えと捕らえられるかどうかかなと。
全てのキャラでギャップ萌えのメリットが得られるわけではないでしょうし。
現実は好みなんだけどアバターの性格はちょっとというのも、あればその逆もありうる。
ちなみにそれ以前に自分には好みのヒロインが一人もいなかったわけですが。

あとは現実と仮想でのやりとりのバランスですね。
これってけっこう難しいような。

スルーで。

PageTop

ISLAND 凜音ルート終了

キタコレッ!!

ようやく来ましたよ、本命ルートでやっと面白くなってきた。
前二つのつまらなかったルートも必要だったのがよくわかる。

何を書いてもネタバレになりそうだから書けないけど、終盤は怒涛の展開でしたねえ。
SF(すこしふしぎ)なタイムトラベルの話からのガチSF(サイエンスフィクション)になったわ。
でもまだまだここから二転三転しそうだし、なんかもう登場人物全員怪しい……
絶対なにかしらあるでしょ。

ここからは冬編のスタートか。
でもちょっと休憩して溜まった体験版を消化しないと間に合わない(^^;

PageTop

ISLAND 沙羅ルート終了

夏蓮ルートに続き、つまらないんですけど(汗
これいつ面白くなるんでしょうか。
エロスケの評価めっちゃ高くて、ちょっと信じられない。
ここから凜音ルートは盛り返せるのか?

とはいえ、まあ夏蓮ルートよりははるかに出来のいいシナリオでした。
島の歴史の中で担ってきた伽藍堂家の役割、神隠し、5年前の放火事件、島の各地にひっそりと存在する小屋。
一応これらをすっきりさせてくれる内容ではあったし、そこに至るまでの考察などは物語を読んでいてかなり引き込まれた。

でもやっぱり最後が大幅にパンチ力不足。
オチは弱いし、種明かしも急に出てきた一キャラに頼りっきりでエピローグに偏った作りだから全体のバランス悪い。
中盤から終盤にかけて雰囲気は良かっただけに余計にがっかり感がある。

夏蓮の竜宮城に続き、このルートでも暴龍島の実在の可能性が浮上してきた。
これらは凜音ルートへの布石だし、そのための夏蓮沙羅ルートだと割り切ればまだ我慢できるかなあ。
タイムトラベルもここまで全然だし期待外れ。
最後の凜音ルートがよほど面白くないと許さないよ(笑

あ、いま気づいたんだけど凜音さんのうちのリビングにある白いスピーカー……
あれタンノイのオートグラフじゃね?
パネエ、金持ちパネエ。
プレハブ住まいの伽藍堂さんとのあまりの違いに涙が。

PageTop

ISLAND 夏蓮ルート終了

めちゃくちゃつまらなかったorz
これ踏み抜いたんじゃないかと思うレベル。

終始夏蓮とハゲ親父の仲違い親子問題をやっていてまあ面白くないこと面白くないこと。
しかも夏蓮側は基本的に反抗期的な理由がほとんどという……
浦島伝説とかどこ行ったんだろうと。
途中、海洋ステーションに行って竜宮城に関する何かが始まるのかと一瞬ワクテカさせておいてのスルーだから余計に性質が悪い。

あとはストーリー全体のバランスですかね。
エピローグに色々詰め込みすぎです。
本土に行ってから、使い勝手のいい説明キャラ登場とか、ちょっと萎えますねえ。

このゲームは凜音ゲーだろうし夏蓮は最弱ヒロインなのかもしれんが、今後が不安になるルートです。
次の沙羅ルートはもう少しマシであることを願う。
設定的にはすでに面白そうですけどね。
5年前の放火殺人事件とか、ヒロインの中で一番タイムトラベルに詳しいかったりとか。
沙羅ルートで少しでもモチベーションを回復させてほしいです。

PageTop